歯科で歯並びを治す~魔法の歯並び矯正法~

歯磨き

快適な矯正

医療器具

歯列矯正手法には、インビザラインと呼ばれる手法もあれば、従来通りのブラケットとワイヤーを用いた手法もあります。しかし、インビザライン矯正は従来の矯正手法よりも優れているポイントというのがいくつも存在しています。その1つとなっているのは、既に説明してあるように、矯正器具が目立たないという事です。矯正器具が目立つ事がない為、矯正をしているという事が周りにわかりづらくなりますし、悪い歯並びにより注目が集まるという事を避ける事が出来ます。そうした事以外の優れているポイントとしてあるのが、装着に関する事です。従来のワイヤーやブラケットと言った矯正器具は、歯科で装着されその器具を患者の意思で取り外すというような事は出来ません。その為、食事の際に矯正器に食べ物が挟まってしまうというような事が発生してしまいますし、歯磨きの際も非常に磨き辛くなってしまうのです。その為、そうした食事や歯磨きの際にストレスがたまってしまう原因となってしまいます。しかし、インビザライン矯正の場合では矯正器具はマウスピースであるため、患者の意思で自由に取り付けたり外したりするという事が可能となっています。その為、食事の際には器具を取り外して美味しく食事をするという事が出来、歯磨きの時にも器具を取り外して綺麗に歯を磨くということが出来るのです。自分の意思で自由につけたり外したりする事が出来るため、日常生活の様々なシーンでストレスが溜まってしまうという事を避ける事が出来ます。そうした矯正器具の自由な付け外しというのは、虫歯にも大きく影響してきます。自分の意思で外すことが出来ない従来の矯正器具の場合には、歯磨きを十分に行うことが出来なくなってしまう事も多く、そうした事が原因となって虫歯のリスクが非常に高まってしまいます。その為、歯科での矯正器具のメンテナンスと共に虫歯のチェック等も必要になるのです。しかし、インビザラインではそうした虫歯リスクの向上というのがなくなるため、自分できちんと歯の管理を行っていれば、虫歯治療の治療費等が必要無くなるため、矯正期間中の治療費軽減に役立ちます。